FC2ブログ
2018 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 01

対応方法

 【01//2018】

両耳の中耳炎が全く復調の兆しがない。再度医師による診断を受けようかと思いましたが、かなりの確率で同じ診断を受けると分かっているのに、無駄な診察料を払いたくないから、中々重い腰が上がらない。投薬もしてるし、飛行機も乗ってないのにどうしてだろう。ま、まさか酒を控えた方が良いと言われたが、全く気にしてないのが原因なのか!師匠も走り出す12月だというのに、酒を控えるのは難しいどうもRyu1です。

他人の通話音って嫌でも聞こえてくることがありますよね。通話内容を聞いていると、『"夏木"です。違います。"なにぬねの"の"な"』や『"相葉"です。違います。"ばびぶべぼ"の"ば"』みたいな説明をしてる人がいますけれど、もう少しだけ、少しだけで良いから足りない頭を使おうよ。最初の例の場合は、夏木って言ってるのに相手は"松木"と聞き取ったんだと想定できます。それに対して"はにぬねの"って説明したところで、相手は"まみむめも"に聞こえる可能性がある。夏木が松木に聞こえるんだから。『季節の"夏"です』みたいな説明をすれば解決できるのに。2つ目の例も一緒。相葉が"相田"に聞こえてるんだから、"ばびぶべぼ"が"だぢづでど"に聞こえる可能性が高い。『枝葉の"葉"』で一発で解決しようよ。というか子音を聞き間違えてるのに母音を変えて説明しようとする発想が全く理解できない。聞き間違いぐらいで何を考えてるんだって思う人もいるかもしれないけど、こういうことをきちんと対処できないやつが、もっと大変な状況を乗り越えられるかっつーの。いつも思うのですが、物事が上手くいっている時ってのは、誰がやってもある程度同じ結果が得られると思うです。ただ、危機的状況において、どう対応するか、どのように対応するかってので、その人の力量ってのが図られるんだと思う。麻雀もそうですよ。配牌は誰がやっても変わらないし、ツモる牌も変わらない。つまり、スタートとゴールは一緒にも関わらず、上手い下手ってのが存在するのは、牌の捨て方や捨て順ってのが大きく影響するから。

IMG_1161.jpg
昨日言及した47都道府県の郷土料理やご当地グルメを作るって企画で、石川県の金沢カレーをメイクしました。一時期は狂った様にゴーゴーカレーの金沢カレーを喰っていたのですが、最近はめっきり行かなくなったなあ。考えたのですが、恐らく3ヵ月ぶりぐらいに炊飯器を使いました。減量を始めてから、炊飯器使う機会がめっきり減りました。これからは少し増えるかもしれない。何故なら、郷土料理ってどうしても、炭水化物依存傾向があるから。ふ、太っちゃうっ!ちなみに本日のウェブログ数は1141字でした。

今回はここまで。
でわにゃん=ΘωΘ=ノシシシシシシシシシシシシシシ
シッポサキマルキリ。



関連記事
スポンサーサイト

Category: Weblog

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る